受動素子(読み)じゅどうそし

大辞林 第三版の解説

じゅどうそし【受動素子】

電子素子のうち、増幅や電気エネルギーの変換のような能動的機能をもたない素子。抵抗器・コンデンサー・コイルなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

受動素子【じゅどうそし】

電気回路の素子の一つ。抵抗器,コイル,コンデンサーのように,電力の供給源を含まないものをいい,これらの素子を組み合わせたものが受動回路である。電力の供給源を含む能動素子と対する。
→関連項目IC電気回路負荷分布定数回路

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅどうそし【受動素子 passive element】

電気回路部品のうち電力利得を与えないものをいい,抵抗器,キャパシター,インダクターなどが含まれる。いずれもその抵抗値,静電容量値,インダクタンスの値が変化しない固定のものと,可変のものとがある。半導体ダイオードやp‐n接合の空乏層容量のように,印加電圧により抵抗値や静電容量値が変化する非線形抵抗,静電容量もある。インダクターには空心のものと磁心入りのものがある。【菅野 卓雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の受動素子の言及

【集積回路】より

…素子というのは,機能として分離できない最小単位というような意味である。トランジスターのように電力増幅や発振の能力のある素子を能動素子,ダイオードや抵抗,キャパシター等を受動素子という。トランジスターには,バイポーラー形とMOS形があり,ICにもこの2種の系統がある。…

※「受動素子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android