口がうるさい(読み)くちがうるさい

精選版 日本国語大辞典「口がうるさい」の解説

くち【口】 が うるさい

① おしゃべりである。必要以上に口数が多い。また、そのような性質
濹東綺譚(1937)〈永井荷風〉四「兼子さんと一緒だから。あの子、口がうるさいからね」
世間の評判や(うわさ)がやかましい。
人情本・閑情末摘花(1839‐41)二「ヤレ何様(どう)だの箇様(かう)だのと、他の口がうるさくってならないから」
③ ちょっとしたことにも小言や意見をやかましく言う。
④ 飲食物の味つけにやかましい。また好き嫌いがはげしい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android