口が曲がる(読み)くちがまがる

精選版 日本国語大辞典「口が曲がる」の解説

くち【口】 が 曲(ま)がる

目上の人や世話になった人に対して悪口を言ったり、身分に不相応な贅沢品を食べたりすると、その罰として口の形がゆがむの意。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉七〇「ああ勿体ない。口が曲ります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「口が曲がる」の解説

口(くち)が曲が・る

目上の人や恩義を受けた人などの悪を言うと、そのとして口の形がゆがむという。人に対しての悪口をいさめる言葉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android