コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口峡 こうきょうfauces

翻訳|fauces

3件 の用語解説(口峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口峡
こうきょう
fauces

口腔と咽頭との境の部分をいう。その上壁は軟口蓋の後部である口蓋帆と,その中央部から下方に細長く突出する口蓋垂 (俗にいうのどちんこ) である。側壁は口蓋帆から外下方に向う口蓋舌弓と口蓋咽頭弓から成り,それらの間には口蓋扁桃がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうきょう【口峡】

咽頭腔と口腔との境界をなす腔所。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の口峡の言及

【アンギーナ】より

…起因菌は溶血性連鎖球菌やブドウ球菌が多い。元来アンギーナとは口峡炎のことをさす。口峡は咽門とも呼ばれ,口腔から中咽頭に移行する狭くなった部分のことであり,のどの炎症ではれるといっそう狭くなるので,アンギーナの語はもっぱら扁桃を中心とした咽頭炎に使われてきたが,語源的にはギリシア語のagchonēと関係があり,体を締めつけられるという意味で,狭心症angina pectorisにもとられるので注意を要する。…

※「口峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口峡の関連情報