口峡(読み)こうきょう(英語表記)fauces

翻訳|fauces

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口峡
こうきょう
fauces

口腔と咽頭とのの部分をいう。その上壁は軟口蓋後部である口蓋帆と,その中央部から下方に細長く突出する口蓋垂 (俗にいうのどちんこ) である。側壁蓋帆から外下方に向う口蓋舌弓と口蓋咽頭弓から成り,それらの間には口蓋扁桃がある。口峡は食物を飲み込む際に大きく広がる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐きょう〔‐ケフ〕【口峡】

咽頭(いんとう)の入り口部分で、軟口蓋(なんこうがい)の舌根とで囲まれた狭い空間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐きょう ‥ケフ【口峡】

〘名〙 口腔の最も奥の部分で、咽頭(いんとう)につながる腔所。上方に軟口蓋、下方に舌根がある。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の口峡の言及

【アンギーナ】より

…起因菌は溶血性連鎖球菌やブドウ球菌が多い。元来アンギーナとは口峡炎のことをさす。口峡は咽門とも呼ばれ,口腔から中咽頭に移行する狭くなった部分のことであり,のどの炎症ではれるといっそう狭くなるので,アンギーナの語はもっぱら扁桃を中心とした咽頭炎に使われてきたが,語源的にはギリシア語のagchonēと関係があり,体を締めつけられるという意味で,狭心症angina pectorisにもとられるので注意を要する。…

※「口峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報