口蓋垂(読み)こうがいすい

世界大百科事典 第2版の解説

こうがいすい【口蓋垂 uvula】

口の上壁をなしている口蓋は前方の約2/3を占める硬口蓋と,後方の約1/3の軟口蓋とからなるが,軟口蓋の後縁中央部にあって後下方に乳頭状に突出した部分。俗に〈のどちんこ〉ともいう。中に口蓋垂筋と呼ばれる筋が入っており,その作用によって口蓋の運動が行われ,ものをのみ込むときには口蓋垂は咽頭後壁に接着する。先天的な奇形として口蓋垂裂がある。口蓋垂の先端部にわずかに切れ込みがあるものから,基部まで完全に分かれているものまで種々な程度がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうがいすい【口蓋垂】

軟口蓋後端の中央から垂れ下がっている乳頭状の突起。懸壅垂けんようすい。のどひこ。のどちんこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android