コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口蓋垂 コウガイスイ

4件 の用語解説(口蓋垂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうがい‐すい【口蓋垂】

軟口蓋の後方中央から垂れ下がる円錐形の突起。懸壅垂(けんようすい)。のどちんこ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうがいすい【口蓋垂 uvula】

口の上壁をなしている口蓋は前方の約2/3を占める硬口蓋と,後方の約1/3の軟口蓋とからなるが,軟口蓋の後縁中央部にあって後下方に乳頭状に突出した部分。俗に〈のどちんこ〉ともいう。中に口蓋垂筋と呼ばれる筋が入っており,その作用によって口蓋の運動が行われ,ものをのみ込むときには口蓋垂は咽頭後壁に接着する。先天的な奇形として口蓋垂裂がある。口蓋垂の先端部にわずかに切れ込みがあるものから,基部まで完全に分かれているものまで種々な程度がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうがいすい【口蓋垂】

軟口蓋後端の中央から垂れ下がっている乳頭状の突起。懸壅垂けんようすい。のどひこ。のどちんこ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口蓋垂の関連情報