口慰(読み)くちなぐさみ

精選版 日本国語大辞典の解説

くち‐なぐさみ【口慰】

〘名〙
退屈しのぎ気晴らしのために、話をしたり、詩歌を口ずさんだりすること。〔日葡辞書(1603‐04)〕
仮名草子・清水物語(1638)下「此せかいにありて夫婦のみちをすてよとは、いひてもならぬ口なくさみなるべし」
② 退屈な時などに間食すること。また、その物。
生々流転(1939)〈岡本かの子〉「茶だけぐらゐは出すが、それ以外の口慰みものは」
なぐさみに口の中に入れて遊ぶもの。ほおずきおしゃぶりの類。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android