コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほおずき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ほおずき

海産の巻貝 (腹足綱前鰓亜綱中腹足目と新腹足目に属する貝類) が岩などに産みつける卵嚢。なぎなたほおずき (アカニシの卵嚢) ,さかさほおずき (ナガニシの卵嚢) ,ぐんばいほおずき (テングニシの卵嚢) ,あわほおずき (バイの卵嚢) が有名。これらのほおずきは,ホオズキの果実と同じように子供が口に入れて鳴らして遊ぶ (特に海ほおずきとも呼ばれる) 。赤や黄に着色して夜店などで売られ,夏の風物の一つとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ほおずきの関連キーワード球灯・毬灯・球燈・毬燈三重県志摩市浜島町浜島僕にまかせてください間引き(人口制限)安藤宜時(初代)酸漿・鬼灯・鬼燈東京都台東区浅草ボウシュウボラ壁前亭九年坊四万六千日ほおずき市草市(盆)台東(区)薙刀酸漿房州法螺軍配酸漿朝顔市盆行事天狗螺浅草寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほおずきの関連情報