コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水物語 きよみずものがたり

3件 の用語解説(清水物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水物語
きよみずものがたり

仮名草子朝山意林庵作。2巻。寛永 15 (1638) 年刊。清水寺に参詣のおり,巡礼と老翁,僧侶と聴衆との問答などを聞くという形で,儒教思想を説いた書であるが,そればかりでなく,政治論や道徳論などについても記している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

清水(しょうず)物語

富山県、株式会社いきいき地ビールが製造する地ビール。「いきいき地ビール」シリーズ。全国名水100選に選定された「生地(いくじ)の清水」を使用。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きよみずものがたり【清水物語】

仮名草子。朝山意林庵(1589‐1664)作。1638年(寛永15)刊。2巻。意林庵は細川忠利徳川忠長に仕えた儒学者で,わかりやすい儒教教理の解説や,当時の政治また風俗の批判をするつもりで,この書を著した。一応小説的形態をとり,著者が清水寺に参詣したとき,多くの人が問答をしているのを傍聴するという形にしている。学問のことから,隠者,賢人,法度,侍の気質,主君の心得,浪人,化物,喧嘩,殉死,天道などの問題が語られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清水物語の関連キーワード朝山素心朝山意林庵仮名草子因果物語仮名本恵中辻原元甫苗村常伯祇園物語《見ぬ世の友》(仮名草子)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone