コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水物語 きよみずものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水物語
きよみずものがたり

仮名草子朝山意林庵作。2巻。寛永 15 (1638) 年刊。清水寺に参詣のおり,巡礼と老翁,僧侶と聴衆との問答などを聞くという形で,儒教思想を説いた書であるが,そればかりでなく,政治論や道徳論などについても記している。教訓的色彩が強い。仏者の立場からこれに反駁する『祇園物語』や,儒仏論,三教一致について説く仮名草子に与えた影響は大きい。当時のベストセラーであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

清水(しょうず)物語

富山県、株式会社いきいき地ビールが製造する地ビール。「いきいき地ビール」シリーズ。全国名水100選に選定された「生地(いくじ)の清水」を使用。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよみずものがたり【清水物語】

仮名草子。朝山意林庵(1589‐1664)作。1638年(寛永15)刊。2巻。意林庵は細川忠利徳川忠長に仕えた儒学者で,わかりやすい儒教教理の解説や,当時の政治また風俗の批判をするつもりで,この書を著した。一応小説的形態をとり,著者が清水寺に参詣したとき,多くの人が問答をしているのを傍聴するという形にしている。学問のことから,隠者賢人法度,侍の気質,主君の心得,浪人,化物,喧嘩,殉死天道などの問題が語られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清水物語の関連キーワード三津川于当石清水物語物語文学本居宣長擬古物語木曾義高富山県事欠き

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android