口気(読み)コウキ

デジタル大辞泉の解説

こう‐き【口気】

口から出る息。気息。
ものの言い方。くちぶり。口吻(こうふん)。
「相手の―を快く思わなかった」〈漱石道草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうき【口気】

口から吐く息。
ものの言い方。くちぶり。口吻こうふん。 「憤慨に堪へないやうな-で仰やる/ヰタ・セクスアリス 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐き【口気】

〘名〙
① ものを言う様子。くちぶり。ことばつき。語口吻(こうふん)
※翁問答(1650)序「俗儒の、傲気はなはだしく、口気(コウキ)(たかぶ)るにちがひ」
ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「憤慨に堪へないやうな口気で仰やる」 〔南斉書‐五行志〕
② 口から出る息。気息
※四河入海(17C前)一七「口気なんどが臭てはわるい程に、鶏舌香を口含で天子へものを申すぞ」 〔後漢書‐東夷伝・夫余国〕
③ 食べ物の好み。
江戸繁昌記(1832‐36)初「香味淡泊、古人の口気、想ふべく慕ふべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android