口語自由詩(読み)コウゴジユウシ

デジタル大辞泉「口語自由詩」の解説

こうご‐じゆうし〔‐ジイウシ〕【口語自由詩】

口語で作られる、形の自由な詩。明治40年(1907)川路柳虹かわじりゅうこうの「塵溜はきだめ」が最初の実作。大正期、白樺しらかば民衆詩派詩人や、高村光太郎萩原朔太郎はぎわらさくたろうらにより、近代詩として成熟・完成した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の口語自由詩の言及

【詩】より

… 上田敏,蒲原有明らの仕事が実を結んだころには早くも自然主義思想が詩界にも浸透しはじめていた。川路柳虹の口語自由詩の試作が発表されたのは1907年だが,口語自由詩の芸術的熟成にはなお多くの曲折があった。明星派から出た北原白秋,木下杢太郎は,与謝野寛らと九州の南蛮遺跡をめぐり,その収穫が異国情緒と官能性を合体させた白秋の《邪宗門》(1909)に結実した。…

※「口語自由詩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android