コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口説き クドキ

2件 の用語解説(口説きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くどき【口説き】

くどくこと。また、その言葉。「口説きじょうず」「口説きに掛かる」
日本音楽で、楽曲の構成単位の一。
㋐平曲で、素声(しらごえ)に近い単純な旋律をもつ曲節。また、それによって演奏される部分。
㋑謡曲で、慕情・傷心などの心情を吐露する、拍子に合わない語りの部分。
㋒浄瑠璃で、恋慕・悲嘆・恨みなどを切々と訴える部分。一段中の聞きどころとなる。
㋓長唄で、詠嘆的な心情表現をする部分。
口説き歌が江戸時代に沖縄に伝わったもの。多く踊りを伴う。くどぅち。
口説き歌」「口説き節」「口説き模様」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くどき【口説き】

口説くこと。また、その言葉。 「熱心な-に折れる」
日本音楽の曲節の称。
平曲で、叙述的部分に用いる素声しらごえに近い、単純な節回し。
謡曲で、拍子に乗せない語りの部分。悲嘆・述懐などに用いる。
浄瑠璃で、観客に聞かせ所として、怨言・懺悔・恋慕・哀愁・懐旧など、自己の心の中に思うことをしめやかにうたう節回し。
「口説唄」「口説節」の略。
「口説模様」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口説きの関連キーワード迂言御託言伝言葉質どくどく重ね言葉くどくどくどくどし・い繰言冗多

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口説きの関連情報