コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲節 きょくせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲節
きょくせつ

日本音楽の用語。場合によっていろいろな意味に用いられる。 (1) 旋律的表現の意。歌詞に対して節づけられる作曲について,リズム,デュナーミクアゴーギクを総合していう。曲調,節回しという場合も同様。 (2) 声楽の類型的な旋律部分を意味し,特に楽式上の構成要素の単位となることもあるような部分全体をさすこともある。大旋律型ともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょく‐せつ【曲節】

楽曲の節(ふし)。節回し。曲調。
曲がっていたり節があったりすること。心や行動がねじ曲がっていること。
「心に―あり、人の為にあしき人は…始終あしき也」〈正法眼蔵随聞記・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくせつ【曲節】

音楽・歌謡などの節。ふしまわし。
曲がっていたり節があったりすること。性質が素直でないこと。 「心に-あり/正法眼蔵随聞記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

曲節の関連キーワード引声阿弥陀経リフレーン嘉太夫節出口の柳大津絵節繁太夫節おわら節大落とし半太夫節角太夫節口三味線明石覚一歌い物永閑節娑羅林文弥節浄瑠璃新内節肥前節スエテ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android