曲節(読み)きょくせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲節
きょくせつ

日本音楽の用語。場合によっていろいろな意味に用いられる。 (1) 旋律的表現の意。歌詞に対して節づけられる作曲について,リズム,デュナーミクアゴーギクを総合していう。曲調,節回しという場合も同様。 (2) 声楽の類型的な旋律部分を意味し,特に楽式上の構成要素の単位となることもあるような部分全体をさすこともある。大旋律型ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょく‐せつ【曲節】

楽曲の節(ふし)。節回し。曲調。
曲がっていたり節があったりすること。心や行動がねじ曲がっていること。
「心に―あり、人の為にあしき人は…始終あしき也」〈正法眼蔵随聞記・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくせつ【曲節】

音楽・歌謡などの節。ふしまわし。
曲がっていたり節があったりすること。性質が素直でないこと。 「心に-あり/正法眼蔵随聞記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょく‐せつ【曲節】

〘名〙
① 音楽や歌などの曲づけと節まわし。調子。曲調。ふしまわし。
※庭訓往来(1394‐1428頃)正月「三々九・手夾・八的等之曲節。近日打続経営之
② まがっていたり節(ふし)があったりすること。心や行動がねじ曲がっていることにもいう。
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)四「心に曲節あり、人の為にあしき人は、たとひ一旦は果報もよく、家をたもてる様なれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曲節の関連情報