口蹄疫対策特別措置法(読み)コウテイエキタイサクトクベツソチホウ

デジタル大辞泉の解説

こうていえきたいさく‐とくべつそちほう〔‐トクベツソチハフ〕【口×蹄疫対策特別措置法】

口蹄疫発生時の対策についての法律。蔓延(まんえん)防止措置、費用負担、生産者の経営・生活の再建支援などについて定める。国や自治体は止むを得ない場合、患畜疑似患畜以外の家畜についても殺処分代執行することができる。口蹄疫特措法
[補説]平成22年(2010)宮崎県で発生した口蹄疫に対処するために制定された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android