口頭試問(読み)コウトウシモン

  • 口頭試問・口答タフ試問

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 試験官の質問に対して、受験者が口頭で答える形の面接試験。口述試験。口頭試験。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉五「口頭試問(コウトウシモン)も首尾善く通過して江戸へ下されたのが即ち後の春日局である」
[補注]本来「口頭試問」と書くべきものが、音が同じところから「口答試問」とも書かれるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android