コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今役者物語 ここんやくしゃものがたり

1件 の用語解説(古今役者物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ここんやくしゃものがたり【古今役者物語】

江戸時代の芝居絵本菱川師宣筆。1678年(延宝6)刊。別称《狂言尽》。寛文(1661‐73)ころの舞台面を描き,せりふや歌の詞章が記されている。現存資料の乏しい初期歌舞伎の演技,演出,扮装,装置などが,絵によって具体的に知られ,貴重な演劇資料となっている。師宣の絵本としても力編のひとつとされ,美術的評価も高い。内容は劇場前の図,歌舞伎子のはべる座敷図,楽屋内の図を冒頭に,以下三番叟にはじまる数葉の舞台図が配置される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

古今役者物語の関連キーワード草梁倭館と日本人居留地放課後等デイサービス男性の1人世帯和蘭呉三桂浄真寺天路歴程夕霧雍正帝寓話集

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone