コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今役者物語 ここんやくしゃものがたり

1件 の用語解説(古今役者物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ここんやくしゃものがたり【古今役者物語】

江戸時代の芝居絵本菱川師宣筆。1678年(延宝6)刊。別称《狂言尽》。寛文(1661‐73)ころの舞台面を描き,せりふや歌の詞章が記されている。現存資料の乏しい初期歌舞伎の演技,演出,扮装,装置などが,絵によって具体的に知られ,貴重な演劇資料となっている。師宣の絵本としても力編のひとつとされ,美術的評価も高い。内容は劇場前の図,歌舞伎子のはべる座敷図,楽屋内の図を冒頭に,以下三番叟にはじまる数葉の舞台図が配置される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古今役者物語の関連キーワード菱川友宣絵本番付菱川派師宣菱川友章菱川友房菱川師永菱川師平菱川師喜菱川和翁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone