古今役者物語(読み)ここんやくしゃものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

ここんやくしゃものがたり【古今役者物語】

江戸時代の芝居絵本菱川師宣筆。1678年(延宝6)刊。別称狂言尽》。寛文(1661‐73)ころの舞台面を描き,せりふや歌の詞章が記されている。現存資料の乏しい初期歌舞伎の演技演出扮装装置などが,絵によって具体的に知られ,貴重な演劇資料となっている。師宣絵本としても力編のひとつとされ,美術的評価も高い。内容は劇場前の図,歌舞伎子のはべる座敷図,楽屋内の図を冒頭に,以下三番叟にはじまる数葉の舞台図が配置される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android