コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今韻会挙要 ここんいんかいきょよう Gǔ jīn yùn huì jǔ yào

1件 の用語解説(古今韻会挙要の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ここんいんかいきょよう【古今韻会挙要 Gǔ jīn yùn huì jǔ yào】

中国,元の黄公紹の撰した《古今韻会》が大部すぎるとして,熊忠が簡略化した韻書。30巻。1297年(大徳1)成立。韻分けは劉淵の《壬子新刊礼部韻略》により,通用韻を併せ107韻としたが,各韻に収める字は三十六字母により配列され,伝統的な韻書の枠組みをもとにしながらも,時代による語音の変化を反映する等韻学的工夫がなされており,重要な宋・元間の語音研究資料である。【松尾 良樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古今韻会挙要の関連キーワード玉台新詠黄公望新古今和歌集石濤玉海金史続古今和歌集姉小路実世公紹藤原行家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone