コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今韻会挙要 ここんいんかいきょようGǔ jīn yùn huì jǔ yào

世界大百科事典 第2版の解説

ここんいんかいきょよう【古今韻会挙要 Gǔ jīn yùn huì jǔ yào】

中国,元の黄公紹の撰した《古今韻会》が大部すぎるとして,熊忠が簡略化した韻書。30巻。1297年(大徳1)成立。韻分けは劉淵の《壬子新刊礼部韻略》により,通用韻を併せ107韻としたが,各韻に収める字は三十六字母により配列され,伝統的な韻書の枠組みをもとにしながらも,時代による語音の変化を反映する等韻学的工夫がなされており,重要な宋・元間の語音研究資料である。【松尾 良樹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android