コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大徳 だいとくbhadanta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大徳
だいとく
bhadanta

元来,インド高徳の人のことをいい,釈尊に対する呼びかけにも用いられた。律には,年長の比丘の称とある。日本では,の高い清を大徳と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐とく【大徳】

《「たいとく」とも》
偉大な徳。りっぱな徳。
仏のこと。また、高徳の僧。転じて、一般に、僧。
金持ち。有徳(うとく)。大徳人。

だい‐とこ【大徳】

だいとく(大徳)2」に同じ。
「いと尊き―なりけり」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいとく【大徳】

大きな徳。また、大きな徳を備えた人。
大きな恩恵。めぐみ。 → だいとく

だいとく【大徳】

〔「だいとこ」とも〕
〘仏〙 仏のこと。
長老など、徳行のある者を敬っていう語。高徳の僧。 「惣持院の十禅師なる-のいふやう/宇津保 藤原君
一般に、僧侶。法師。

だいとこ【大徳】

だいとく(大徳)」に同じ。 「 -の声たふとくて経うち読みたるに/源氏 夕顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大徳の関連キーワードアルグンサリ(阿魯渾薩里)宮城県登米市津山町横山富山県魚津市持光寺アフタイ(阿忽台)茨城県土浦市中央大和尚・大和上多治比真宗月湖(1)大徳寺文書成宗[元]川端 民生八百媳婦国冠位十二階今井宗久算学啓蒙聯珠詩格上求菩提隠し念仏金仁山汚らふ

大徳の関連情報