大徳(読み)だいとく(英語表記)bhadanta

デジタル大辞泉の解説

だい‐とく【大徳】

《「たいとく」とも》
偉大な徳。りっぱな徳。
仏のこと。また、高徳の僧。転じて、一般に、僧。
金持ち。有徳(うとく)。大徳人。

だい‐とこ【大徳】

だいとく(大徳)2」に同じ。
「いと尊き―なりけり」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいとく【大徳】

大きな徳。また、大きな徳を備えた人。
大きな恩恵。めぐみ。 → だいとく

だいとく【大徳】

〔「だいとこ」とも〕
〘仏〙 仏のこと。
長老など、徳行のある者を敬っていう語。高徳の僧。 「惣持院の十禅師なる-のいふやう/宇津保 藤原君
一般に、僧侶。法師。

だいとこ【大徳】

だいとく(大徳)」に同じ。 「 -の声たふとくて経うち読みたるに/源氏 夕顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大徳の関連情報