コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大徳 だいとく bhadanta

6件 の用語解説(大徳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大徳
だいとく
bhadanta

元来,インドで高徳の人のことをいい,釈尊に対する呼びかけにも用いられた。律には,年長の比丘の称とある。日本では,徳の高い清僧を大徳と呼んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だい‐とく【大徳】

《「たいとく」とも》
偉大な徳。りっぱな徳。
仏のこと。また、高徳の僧。転じて、一般に、僧。
金持ち。有徳(うとく)。大徳人。

だい‐とこ【大徳】

だいとく(大徳)2」に同じ。
「いと尊き―なりけり」〈・若紫〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいとく【大徳】

大きな徳。また、大きな徳を備えた人。
大きな恩恵。めぐみ。 → だいとく

だいとく【大徳】

〔「だいとこ」とも〕
〘仏〙 仏のこと。
長老など、徳行のある者を敬っていう語。高徳の僧。 「惣持院の十禅師なる-のいふやう/宇津保 藤原君
一般に、僧侶。法師。

だいとこ【大徳】

だいとく(大徳) 」に同じ。 「 -の声たふとくて経うち読みたるに/源氏 夕顔

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大徳の関連キーワード従兄弟違い大盗早い所よいとこさ好いとこ取り又従兄弟大学よいとこイトヨリ交叉いとこ平行いとこ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大徳の関連情報