古代更紗(読み)こだいサラサ

精選版 日本国語大辞典の解説

こだい‐サラサ【古代更紗】

〘名〙 (サラサはsaraça 「こだいザラサ」とも) 室町末期から江戸時代にかけて南蛮から日本にもたらされたといわれる更紗。また、その模造品。古渡(こわたり)更紗。上代更紗。
※落葉(1889‐90)〈内田魯庵〉「竹の屋主人の『商人気質』は古代更紗(コダイザラサ)の下着の如し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android