古内義如(読み)ふるうち よしゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古内義如 ふるうち-よしゆき

1631-1673 江戸時代前期の武士。
寛永8年生まれ。古内義実(よしざね)の子。陸奥(むつ)仙台藩奉行。伊達騒動のさなか,寛文11年原田甲斐(かい)(宗輔),伊達安芸(あき)(宗重)らが乱闘して斬り死にした大老酒井忠清邸にいあわせ,ただひとり生きのこった。寛文13年6月12日死去。43歳。通称は治太夫,志摩。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android