コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村藩 おおむらはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大村藩
おおむらはん

江戸時代,肥前国彼杵 (そのぎ) 郡大村地方 (長崎県) を領有した藩。関ヶ原の戦い後大村純忠の子喜前 (よしあき) が本領2万 7900石を確保し,以後廃藩置県にいたる。外様,江戸城柳間詰。旧領内にあった長崎は,徳川氏直轄地となっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大村藩【おおむらはん】

肥前国彼杵(そのき)郡に所領を置いた外様小藩。藩政庁は大村城(玖島城とも)で,現長崎県大村市に遺構をとどめる。藩主は中世以来の大村氏で,明治維新期まで変わらない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

おおむらはん【大村藩】

江戸時代肥前(ひぜん)国彼杵(そのぎ)郡大村(現、長崎県大村市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は五教館(ごこうかん)。古くからこの地を治めていた大村氏が、1587年(天正(てんしょう)15)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)九州征服後に所領2万7900石を安堵(あんど)されて立藩。初代藩主の喜前(よしあき)はキリシタン大名として知られる大村純忠(すみただ)の長男で、1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いで東軍についたため徳川家康(とくがわいえやす)からも所領を安堵された。しかし、喜前は02年に日蓮宗に改宗、その後の藩主もキリシタンを厳しく弾圧した。大村氏は南蛮貿易で大きな収入を得ていたが、長崎が直轄地となったことで収入の柱が失われ、藩財政は立藩当初から窮乏した。1790年(寛政(かんせい)2)、静寿園(前身は集義館)に代わって藩校の五教館を設置。大村氏の支配は明治維新まで12代続き、幕末には薩摩藩長州藩と行動をともにして倒幕運動に参画した。1871年(明治4)の廃藩置県により、大村県を経て長崎県に編入された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおむらはん【大村藩】

肥前国(長崎県)彼杵(そのぎ)郡大村に藩庁を置いた外様小藩。藩主大村氏。2万7973石。大村氏は鎌倉時代から地頭として擡頭し,以降中世期を通じて在地領主として発展した。1570年(元亀1)純忠は長崎を開港し,南蛮貿易を中心に外交策を展開しながら本領の確保につとめた。87年(天正15)豊臣秀吉の九州征伐後,本領を安堵され,近世大名に取り立てられたが,それと同時に発布された伴天連追放令と長崎の収公によって,貿易利潤に終止符が打たれ,藩財政は成立当初から窮乏をきたした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大村藩
おおむらはん

肥前国(長崎県)彼杵(そのぎ)地方に置かれた外様(とざま)藩。領主大村氏。1587年(天正15)の豊臣(とよとみ)秀吉の九州知行割(ちぎょうわり)によって、古くから彼杵地方を支配していた大村氏(喜前(よしさき))が所領を安堵(あんど)され、廃藩置県まで続いた。1599年(慶長4)に検地が行われ、1607年(慶長12)には一族一門13家の従来の知行地は没収されて近世的領有の体制が整えられた。1612年の再検地では2万7900余石が打ち出され、これが表高となった。1631~1633年(寛永8~10)に領内総検地が実施されて蔵入地の貢租率が統一された。さらに1662年(寛文2)には、村役人費用などが加えられた貢租率に改められ、これが以後の基準になった。享保(きょうほう)の改革においては、地方知行(じかたちぎょう)制の俸禄(ほうろく)制への一時的転換、塩納入直納制の改正、郡夫役(こおりぶやく)の一部銀納化などが行われた。捕鯨も行われていたが、1732年(享保17)の大凶作以後は、鯨油が浮塵子(うんか)駆除に用いられるようになり、全国的に需要が高まったので特産品となった。藩校には寛文(かんぶん)年間(1661~1673)設置の集義館(のち静寿園)があったが、1790年(寛政2)に学制を改めて五教館(ごこうかん)が設けられ、演武場の治振軒をつくって文武併修が計られた。1811年(文化8)に地方知行制の俸禄制への転換がふたたび試みられたが2年余で旧に復し、また役目部割(ぶわり)制などの藩制改革がなされた。幕末期、12代純煕(すみひろ)のとき長崎警固との関連から洋式軍制への改革が進められ、また複雑な藩内抗争のなかで尊攘(そんじょう)派が藩政を掌握してゆき、薩長両藩と連合して討幕運動に大きく関与した。1871年(明治4)7月大村県となり、11月長崎県に合併。[長野 暹]
『『大村市史 上巻』(1961・大村市) ▽『長崎県史 藩政編』(1973・長崎県)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大村藩の関連キーワード長崎県大村市玖島浜田弥兵衛(2)稲田 又左衛門波佐見[町]村山与右衛門土屋善右衛門針尾九左衛門岩崎 小次郎稲田又左衛門横山 寅一郎宇多太左衛門荒木庄兵衛沢山精八郎岩崎小二郎小佐々祐利キリシタン久松源五郎大村[市]北村修蔵大島誠治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大村藩の関連情報