コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古北口 こほくこうGǔ běi kŏu

世界大百科事典 第2版の解説

こほくこう【古北口 Gǔ běi kŏu】

中国,北京市密雲県の北東万里の長城に設けられた要害で,これにそって潮河(白河の支流)が貫流している。中国内地から長城外に出入りする関門の一つであり,清代には北京と熱河とを結ぶ要地であった。北方民族が中国に侵入する通路として,その名は12世紀から記録にみえる。とくに明代には山海関居庸関との中間を占め,北東の喜峰口,北西の独石口と並んで,国都北京をモンゴル族の攻撃から守る第一線を形づくっていた。喜峰口は河北省遷西県の北,独石口は同じく赤城県の北にあって,3口とも万里の長城の内側には駐屯軍を収容するために築かれた城壁のある町が今日も残っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

古北口の関連キーワードイエンシャン(燕山)山脈熱河作戦承徳平泉

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android