コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居庸関 きょようかんJu-yong-guan; Chü-yung-kuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

居庸関
きょようかん
Ju-yong-guan; Chü-yung-kuan

中国,河北省昌平県の北西,居庸山中の一峡谷にある関所。モンゴル地方と華北を結ぶ交通の要所で,軍都関ともいう。関に南口と北口 (八達嶺) があり,その間は 15km。関の南東 60kmに,,元,明,清各王朝の首都または陪都であった北京が位置したので,北方民族に対する防衛および交易上の最大の要地であった。元朝皇帝は関の南の大都 (北京) と北の上都との間を毎年往復したので,至正3 (1343) 年順帝はそこに過街塔を建設。その大理石造の台座 (雲台) が現在も残り,仏像の浮彫と6ヵ国語 (サンスクリットチベット,パスパ,ウイグル,西夏,漢) の陀羅尼が刻まれており,言語研究上,重要な資料となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょよう‐かん〔‐クワン〕【居庸関】

中国河北省、北京の北西60キロにあった関所。華北モンゴル高原を結ぶ要衝。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

居庸関【きょようかん】

中国,北京の北西60kmにあった関。華北からモンゴリアに出る要道にあり,北京の守りとされた。遼・金・元・明・清の諸王朝は,北京を首都または副都としたので,特に重要視した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょようかん【居庸関 Jū yōng guān】

中国,北京市の昌平県の西北に当たる要害。太行山脈の支脈,軍都山脈の峡谷中に位置し,万里の長城を横断する要地を占める。河北平野からここを越えるとしばらく台地が続き,やがてモンゴル高原に達する。古く天下九塞の一つにあげられ,あるいは軍都陘(ぐんとけい)といって太行八陘の一つに数えられた。モンゴル高原から河北平野に南下する遊牧民の侵入を防御する第1の拠点で,今の北京に首都や陪都をおいた諸王朝にとっては,とくに関心が強かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょようかん【居庸関】

万里の長城の関所の一。北京の北西60キロメートルにあり、華北平野とモンゴル高原をつなぎ、また北方民族の北京侵入を防衛する要衝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

居庸関
きょようかん

中国、北京(ペキン)市の昌平(しょうへい/チャンピン)県の北西、軍都(ぐんと/チュントゥー)山脈の峡谷に置かれた関門。峡谷は、北は万里の長城の八達嶺(はったつれい/パーターリン)から南は南口まで約20キロメートル、河北平野からモンゴル高原に通ずる要道で、その間の高低の差は500メートル。関はその中央を占め、古来、北京のもっとも重要な防御点であった。とくに元代には歴代皇帝がモンゴルへ避暑のため往復する街道にあたっていたので、1343年、交通の安全祈願と装飾とを兼ねてここに過街塔が築かれた。今日では塔はなくなり、台座(雲台といわれる)しか残っていないが、大理石製のアーチ型で内外に豪華な彫刻が施されている。また内壁にはサンスクリット、チベット、蒙古(もうこ)(パスパ文字)、ウイグル、西夏、漢字の六体文字で陀羅尼(だらに)が刻まれていて言語文字資料としても貴重。[日比野丈夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例