古家実三(読み)ふるや じつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古家実三 ふるや-じつぞう

1890-1966 大正-昭和時代の社会運動家。
明治23年3月18日生まれ。神戸で古本屋をいとなむ。神戸サラリーマン・ユニオン,労働農民党兵庫県連,神戸地方左翼労働組合連盟などの委員長をつとめる。労働運動史料の収集で知られ,古美術,郷土史にもくわしかった。昭和41年12月26日死去。76歳。兵庫県出身。神戸第一中学中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android