コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古本屋 フルホンヤ

デジタル大辞泉の解説

ふるほん‐や【古本屋】

古本を売買する店。また、その人。古書店。古書籍商。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふるほんや【古本屋】

古本を営業として売買する業者の総称。古書店ともいい,英語ではsecondhand bookshop(bookseller),古典籍や貴重本を専門とする店はantiquarian bookshop(bookseller)という。一般には読み古された本を安価で売る店として人々に親しまれているが,国宝級の写本や古版本を扱う古本屋は経験に裏打ちされた書誌的知識を豊富に有し,作家・研究者の陰の資料提供者として機能することも多く,たとえばイギリスの大古書店バーナード・クオリッチBernard Quaritch等の発行するカタログは,既成の書誌の誤りを指摘する情報を含み,書誌研究者に注目されるほどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふるほんや【古本屋】

古本を売買する店。また、その人。古書店。古書籍商。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古本屋の関連キーワードクリストファー モーリーアナトール フランスグリニチ・ビレッジデービッド ピースアーサー マッケン覗く・覘く・臨く掘り出す・掘出す岩波書店[株]日本橋(橋名)越後荒川堂夜話減る古書店舗山崎 与三郎リアド慈英蘭三省堂[株]竹中 恒三郎三橋 猛雄亀井 忠一西哲夢物語古家 実三徳永 康元

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古本屋の関連情報