コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋佐久左衛門 ふるや さくざえもん

1件 の用語解説(古屋佐久左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋佐久左衛門 ふるや-さくざえもん

1833-1869 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)の庄屋高松直道の子。高松凌雲(りょううん)の兄。幕臣古屋家の養子となり,神奈川奉行支配定役をへて歩兵差図役。慶応4年衝鋒隊を組織して各地で新政府軍とたたかう。明治2年5月14日箱館(はこだて)五稜郭(ごりょうかく)で戦死。37歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古屋佐久左衛門の関連キーワード藩学一覧島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法天保の飢饉女性参政権大鳥圭介

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone