古川元久(読み)ふるかわ もとひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古川元久 ふるかわ-もとひさ

1965- 平成時代の政治家。
昭和40年12月6日生まれ。昭和63年大蔵省に入省。平成8年衆議院議員初当選(当選7回,民主党)。21年国家戦略室長兼内閣府副大臣。23年野田連立内閣で国家戦略担当・内閣府特命担当相(経済財政政策,科学技術政策)・社会保障・税一体改革担当・宇宙開発担当相として初入閣,24年野田改造内閣では国家戦略担当・内閣府特命担当相(経済財政政策,科学技術政策)・宇宙開発担当相,同年の第2次改造内閣でも留任。愛知県出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古川元久の関連情報