コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川泰竜 ふるかわ たいりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古川泰竜 ふるかわ-たいりゅう

1920-2000 昭和-平成時代の僧。
大正9年8月23日生まれ。佐賀県の真言宗常在寺住職。昭和27年福岡刑務所の教誨(きょうかい)師となる。36年「福岡事件」の2人の死刑囚再審運動をはじめる。シュバイツァー博士の遺髪をおくられ,48年熊本県にシュバイツァー寺をひらき,同寺内に62年東西宗教交流センター・カトリック別院を創設した。平成12年8月25日死去。80歳。佐賀県出身。高野山専修学院卒。著作に「白と黒のあいだ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古川泰竜の関連キーワード大恐慌星図[各個指定]芸能部門牧野省三自動車電話よしもとばなな戦間期奈良美智2000年問題プーチン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android