コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教誨 キョウカイ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐かい〔ケウクワイ〕【教×誨】

[名](スル)
教えさとすこと。
刑務所少年院などで、収容者に対して徳性の育成を目的として教育すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかい【教誨】

刑務所,拘置所など刑事施設に収容されている者の,宗教的要求を満たし,心情を安定させ,規範意識を覚醒させるために,民間の篤志家である宗教家が施設内で行う宗教活動。説教,礼拝,法要その他の宗教行事に集団で参加する形態と,個別的に宗教的慰謝を受ける形態とがある。 大日本帝国憲法下の日本では,〈受刑者ニハ教ヲ施ス可シ〉と規定する監獄法29条により,刑務所職員として教誨師を配置し,強制的に宗教教誨を行っていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうかい【教誨】

( 名 ) スル
おしえさとすこと。
受刑者に徳性教育をし、正しい道に導くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

教誨の関連キーワード加賀尾 秀忍八浜 徳三郎受刑者処遇法加賀尾秀忍浅野 研真マリニョリ鷲尾 教導田島 隆純留岡 幸助古川 泰龍高瀬 羽皐大井上輝前有馬四郎助津田 白印花山 信勝古川泰竜北島 艶ゴンゴラ三教指帰田島隆純

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教誨の関連情報