コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川盆地 ふるかわぼんち

1件 の用語解説(古川盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古川盆地
ふるかわぼんち

岐阜県北部,宮川の中流域にある盆地。中央を南東から北西に貫流する宮川とその支流によって形成され,平均標高 500m。飛騨市古川町と高山市国府町の中心集落がある。米を産するほか,肉牛飼育などが行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の古川盆地の言及

【飛驒高地】より

…高地中には山頂の平たんな峰がかなり多く,これらは隆起した準平原の遺物と考えられ,1500m,1300m,1100mの3段階が認められる。平地らしいところは,高地の隆起に伴って生じた浸食谷が埋積されてできた高山盆地や古川盆地しかなく,とくに北西部の白川郷などは,周囲を高い山地に囲まれ,深く下刻された峡谷部が多く,長い間域外との交通が困難になっていた。気候的にも高冷地が広く,標高700~800m以上の山間部ではかつては稲作の不可能なところも多かった。…

※「古川盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古川盆地の関連情報