コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古林見宜 ふるばやし けんぎ

2件 の用語解説(古林見宜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古林見宜 ふるばやし-けんぎ

1579-1657 江戸時代前期の医師。
天正(てんしょう)7年生まれ。曲直瀬正純(まなせ-しょうじゅん)にまなび,大坂で開業。京都嵯峨(さが)に堀杏庵(きょうあん)とともに学舎をたてる。弟子に松下見林養嗣子古林知足(見桃)ら。明暦3年9月17日死去。79歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は道芥,正温。号は桂庵,寿仙坊。著作に「日記中棟方」「外科単方」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

古林見宜

没年:明暦3.9.17(1657.10.24)
生年:天正7(1579)
江戸前期の儒医。名は道芥のち正温。号は桂庵,寿仙坊。播磨国(兵庫県)飾磨郡の人で赤松氏則の子孫という。祖父〓庵は明に留学した名医。見宜も医を学び,京に出て曲直瀬正純に就き,朱丹渓や 張仲景 などを基盤とした当時の新渡来の医学を修めた。のち大坂聚楽町で医を開業。また同門の堀杏庵と協力して京都嵯峨に学舎を創設し門人3000名を育成。養子見桃や松下見林もその弟子。質実剛健の人で法印の位も固辞した。<参考文献>『見宜翁医按』

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古林見宜の関連キーワード朝山素心林春斎船越永景春信三浦玄亀三宅擔庵渡辺孝恭儒医小出蓬山藤倉元竜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone