コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古林見宜 ふるばやし けんぎ

2件 の用語解説(古林見宜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古林見宜 ふるばやし-けんぎ

1579-1657 江戸時代前期の医師。
天正(てんしょう)7年生まれ。曲直瀬正純(まなせ-しょうじゅん)にまなび,大坂で開業。京都嵯峨(さが)に堀杏庵(きょうあん)とともに学舎をたてる。弟子に松下見林養嗣子古林知足(見桃)ら。明暦3年9月17日死去。79歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は道芥,正温。号は桂庵,寿仙坊。著作に「日記中棟方」「外科単方」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

古林見宜

没年:明暦3.9.17(1657.10.24)
生年:天正7(1579)
江戸前期の儒医。名は道芥のち正温。号は桂庵,寿仙坊。播磨国(兵庫県)飾磨郡の人で赤松氏則の子孫という。祖父〓庵は明に留学した名医。見宜も医を学び,京に出て曲直瀬正純に就き,朱丹渓や 張仲景 などを基盤とした当時の新渡来の医学を修めた。のち大坂聚楽町で医を開業。また同門の堀杏庵と協力して京都嵯峨に学舎を創設し門人3000名を育成。養子見桃や松下見林もその弟子。質実剛健の人で法印の位も固辞した。<参考文献>『見宜翁医按』

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

古林見宜の関連キーワード火消松平信康古林見宜地質学幡随院長兵衛幡随院長兵衛江戸京都市バスのバス停認知症の学習療法安土宗論

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone