コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下見林 まつした けんりん

美術人名辞典の解説

松下見林

国学者。名は慶、秀明、字は諸生。西峰散人・見林と号す。初め句読を父に学び京都に出て古林見宜の門に学ぶ。父歿後医を以て業とし博覧強記漢学に精しく、本邦の古典を渉猟す。傍ら儒書医籍及び本邦の記伝を講読し、蔵書も多く、著書に『異称日本伝』『公事根源集釈』『習医規格』等がある。明治三十年従四位を贈られる。元禄16年(1703)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下見林 まつした-けんりん

1637-1704* 江戸時代前期の医師,儒者。
寛永14年1月1日生まれ。大坂の医師松下見朴の養子。儒医古林見宜(けんぎ)にまなぶ。京都で医業のかたわら「三代実録」を校訂し,「異称日本伝」などをあらわす。後年,讃岐(さぬき)高松藩主松平頼常につかえた。元禄(げんろく)16年12月7日死去。67歳。本姓は橘。名は秀明,慶摂。字(あざな)は諸生。号は西峯山人。
【格言など】謹んで墓碣を建つる勿(なか)れ,吾が後人に期するところ,著述の在るあり,もって百世に朽ちざるにたらん(遺言)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松下見林

没年:元禄16.12.7(1704.1.13)
生年:寛永14.1.1(1637.1.26)
江戸時代前期の歴史家本姓橘氏。名は秀明,慶摂。字は諸生。見林と称し,西峯山人などと号する。大坂の医者の子として生まれ,慶安2(1649)年に古林見宜に入門,医学を学んだ。京都に住し,医を業とする傍ら,儒学歴史学を学び,数多くの著書を残した。のちには讃岐国高松藩の儒者となったが,京都に住し,そこで没した。著書のひとつである『異称日本伝』(1693)は,『史記』など中国や朝鮮の書物のなかから,日本に関する記事を抄出したもので,完成には30年を要した。

(樫澤葉子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

まつしたけんりん【松下見林】

1637~1703) 江戸前・中期の儒医・国学者。大坂の人。号は西峯山人。見林は通称。京都で医学や経書を教授、史伝を研究し「三代実録」を校訂出版。著「異称日本伝」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松下見林
まつしたけんりん
(1637―1703)

江戸前期の儒医、歴史家。名は慶、秀明。字(あざな)は諸生。見林は通称。大坂の医家に生まれる。13歳で古林見宜(ふるばやしけんぎ)(1579―1657)に入門し、医学、儒学を学び、国史を修める。のち京都で医術を業としつつ、儒学、国史を究め、かつ講ずる。考証に秀で、『三代実録』を校正・刊行し、三十余年を費やして『異称日本伝』を著す。後者は外国史料に基づく国史研究書で、史学史・思想史上意義が大である。晩年高松藩に仕えた。[玉懸博之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

松下見林 (まつしたけんりん)

生年月日:1637年1月1日
江戸時代前期;中期の歴史家
1704年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

松下見林の関連キーワード吉見幸和(よしみよしかず)前王廟陵記貝原益軒三手文庫生年月日梅園惟朝五井守任松下真山松皮紙藤斉延中期国史没年史伝松下経書

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android