コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古泉学 こせんがくnumismatics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古泉学
こせんがく
numismatics

古銭学とも書く。貨幣メダルなどを研究対象とし,その形状,銘文,文様や大きさなどにより,遺跡の年代や支配者とその系統をたどり,神話,伝承文学の実証性を明らかにし,当時の建築,絵画手法を,さらに中国を中心とする地域では書の研究などを行う学問。考古学歴史学,神話学,地理学などの補助学としての役割を果す。また,貨幣,メダルなどの研究から文化の波及,支配地域の確定,社会経済史研究などの資料を得ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

古泉学の関連キーワードギリシア考古学古泉匯古銭学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android