コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古銭学 コセンガク

3件 の用語解説(古銭学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こせん‐がく【古銭学】

古代から近代までの貨幣・メダルの形・意匠・銘文などを研究する学問。考古学・神話学・美術史学と密接に関連する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

古銭学【こせんがく】

古代から近代にいたる貨幣メダルを研究する学問。〈古泉学〉とも。年代,銘文,図案,重量,発行国,流通地域,金属成分などの研究により,遺跡の年代,王朝の系譜,経済機構などの究明も可能になり,歴史学,考古学の補助学として重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古銭学
こせんがく
numismatics

古代から近代までの貨幣、メダルの形、意匠、銘文、成文などを研究する学問。ギリシアローマの貨幣を対象として始まった。古代ギリシア貨幣の意匠としては、動植物を使用する時代、動植物と神の姿を併用して用いる時代、神と英雄の姿を表す時代、王と神を表裏に表す時代の4期に分けられている。中国では宋(そう)代に古銭研究が始まり、清(しん)代には研究が大きく進んだ。また1983年には中国銭幣学会が設立され、中国貨幣の研究とともに各国との交流をも図っている。古銭学はそれ自体独立した学問であるが、考古学、銘辞学、神話学、美術史学などとも密接な関連をもっている。[寺島孝一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone