コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古銭学 コセンガク

3件 の用語解説(古銭学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こせん‐がく【古銭学】

古代から近代までの貨幣・メダルの形・意匠・銘文などを研究する学問。考古学・神話学・美術史学と密接に関連する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古銭学【こせんがく】

古代から近代にいたる貨幣メダルを研究する学問。〈古泉学〉とも。年代,銘文,図案,重量,発行国,流通地域,金属成分などの研究により,遺跡の年代,王朝の系譜,経済機構などの究明も可能になり,歴史学,考古学の補助学として重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古銭学
こせんがく
numismatics

古代から近代までの貨幣、メダルの形、意匠、銘文、成文などを研究する学問。ギリシアローマの貨幣を対象として始まった。古代ギリシア貨幣の意匠としては、動植物を使用する時代、動植物と神の姿を併用して用いる時代、神と英雄の姿を表す時代、王と神を表裏に表す時代の4期に分けられている。中国では宋(そう)代に古銭研究が始まり、清(しん)代には研究が大きく進んだ。また1983年には中国銭幣学会が設立され、中国貨幣の研究とともに各国との交流をも図っている。古銭学はそれ自体独立した学問であるが、考古学、銘辞学、神話学、美術史学などとも密接な関連をもっている。[寺島孝一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古銭学の関連キーワードメダル金メダル銀メダル蓄蔵貨幣銅メダル目怠い称量貨幣遠藤元男佐藤長島田虔次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone