コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古湖沼学 ここしょうがく paleolimnology

1件 の用語解説(古湖沼学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古湖沼学
ここしょうがく
paleolimnology

湖沼について,その過去から現在までの変遷を明らかにすることを目的とする学問分野。主として湖成堆積物中の諸成分,特に花粉,ケイ藻,有機物 (炭素,窒素) ,粒度などの分析を行い,それらの堆積環境,湖沼の変化を明らかにしていく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古湖沼学の関連キーワード地質時代遺法現在完了昨今縦軸万古語誌過去から来た女過去からの呼声ネオ安山岩

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone