古物語(読み)フルモノガタリ

デジタル大辞泉の解説

昔の話。思い出話。
「―にかかづらひて夜を明かし果てむも」〈・橋姫〉
古い時代に作られた物語類。特に、源氏物語以前の物語類。
「本歌に取ること、草紙には源氏の事は申すにおよばず、―も取るなり」〈正徹物語・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 昔のでき事などを内容とした語り。昔の話。昔ばなし。昔の思い出ばなし。
※源氏(1001‐14頃)橋姫「ふる物かたりにかかづらひて、夜を明かし果てむも」
② 古い物語文学の作品。特に「源氏物語」より前の物語をいうことがある。
※蜻蛉(974頃)上「世の中におほかるふるものがたりの端などを見れば」
[語誌]「むかしものがたり」という語があり、①②と同じ意味を表わすが、「ふるものがたり」には「むかしものがたり」をおとしめていうニュアンスがあるため、①②いずれの意味でも「むかしものがたり」の方が用例は圧倒的に多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android