コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古物語 フルモノガタリ

デジタル大辞泉の解説

ふる‐ものがたり【古物語】

昔の話。思い出話。
「―にかかづらひて夜を明かし果てむも」〈橋姫
古い時代に作られた物語類。特に、源氏物語以前の物語類。
「本歌に取ること、草紙には源氏の事は申すにおよばず、―も取るなり」〈正徹物語・下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるものがたり【古物語】

昔の出来事の話。思い出話。 「さしぐみに-にかかづらひて/源氏 橋姫
古い時代の物語。特に、源氏物語より前の物語。 「源氏の事は申すに及ばず-も取るなり/正徹物語」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古物語の関連キーワードトーマス・H. ローリッヒ海人の刈藻・海人の苅藻風につれなき物語宇治大納言物語国学(近世)海人の苅藻石清水物語藤原道綱母松浦宮物語井関隆子菱川師宣荷田在満山路の露物語文学住吉物語擬古物語忍音物語石川雅望建部綾足面影付け

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古物語の関連情報