コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古田含章 ふるた がんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古田含章 ふるた-がんしょう

?-? 江戸時代後期の儒者。
豊後(ぶんご)(大分県)岡藩士。姥柳有莘(うばやなぎ-ゆうしん)にまなび,江戸の古屋昔陽(せきよう)に入門。天明7年(1787)家督をつぎ,のち藩校由学館でおしえ,近習・物頭(ものがしら)をつとめる。文政年間に藩主中川氏の年譜を伊藤鏡河とともに編集した。名は重威。字(あざな)は子儀。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone