コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古筆手鑑 コヒツテカガミ

デジタル大辞泉の解説

こひつ‐てかがみ【古筆手鑑】

手鑑1

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の古筆手鑑の言及

【手鑑】より

…古筆鑑賞が隆盛した桃山時代から江戸時代を通じて作成され,天皇から庶民に至るまでおおいに流行した。室町以前の古筆をまとめて編集したものをとくに古筆手鑑といい,慶長期(1596‐1615)以後の筆蹟を集めた新筆手鑑と区別して呼ぶこともある。また写経手鑑,色紙短冊手鑑,古文書手鑑などもつくられた。…

※「古筆手鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古筆手鑑の関連キーワード逸翁美術館賢愚経大聖武古筆鑑古筆

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古筆手鑑の関連情報