コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古谷久綱 ふるや ひさつな

2件 の用語解説(古谷久綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古谷久綱 ふるや-ひさつな

1874-1919 明治-大正時代の官僚,政治家。
明治7年6月17日生まれ。ブリュッセル大にまなぶ。明治33年高等商業(現一橋大)教授。伊藤博文にみとめられ,伊藤が首相,韓国統監,枢密院議長となると各秘書官をつとめ,伊藤の死後は宮内省式部官となった。大正4年衆議院議員(当選2回,政友会)。大正8年2月11日死去。46歳。愛媛県出身。同志社卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

古谷久綱

没年:大正8.2.11(1919)
生年:明治7.6.17(1874)
明治大正期の官吏。愛媛県出身。同志社大卒業後に渡欧しベルギーのブリュッセル大で法制経済を学ぶ。帰国後国民新聞社に入り,のち東京高商(一橋大)教授となったが,伊藤博文の知遇を得て,以後伊藤が首相,韓国統監,枢密院議長を歴任するに従ってその秘書官を多年勤めた。伊藤死去後は宮内省に入り勅任式部官,李王家御用掛兼王世子付として信任厚かった。大正3(1914)年官を辞し衆院議員となり,政友会に属した。終始伊藤に影のごとく仕えた人物である。<著作>『藤公余影』<参考文献>衆議院・参議院編『議会制度百年史』

(森山茂徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古谷久綱の関連キーワード同志社大学芥川光蔵大塚節治酒詰仲男嶋田啓一郎住谷悦治滝山徳三寺島ノブヘ長谷部文雄檜垣伸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone