コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古谷蒼韻 ふるたに そういん

1件 の用語解説(古谷蒼韻の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古谷蒼韻 ふるたに-そういん

1924- 昭和後期-平成時代の書家。
大正13年3月3日生まれ。村上三島(さんとう)に師事。日展で昭和36年特選,56年内閣総理大臣賞。60年「万葉・秋雑歌」で芸術院賞。日展常務理事,日本書芸院常務理事,京都書道作家協会会長などをつとめる。蒼遼会を主宰。平成18年芸術院会員。22年文化功労者。京都出身。京都師範卒。本名は繁扶。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古谷蒼韻の関連キーワード尾崎邑鵬相田みつを浅香鉄心金子卓義栗原蘆水黒野清宇小山やす子津金孝邦甫田鵄川劉蒼居

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古谷蒼韻の関連情報