古谷蒼韻(読み)ふるたに そういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古谷蒼韻 ふるたに-そういん

1924- 昭和後期-平成時代の書家。
大正13年3月3日生まれ。村上三島(さんとう)に師事日展で昭和36年特選,56年内閣総理大臣賞。60年「万葉・秋雑歌」で芸術院賞。日展常務理事,日本書芸院常務理事,京都書道作家協会会長などをつとめる。蒼遼会を主宰。平成18年芸術院会員。22年文化功労者。京都出身。京都師範卒。本名は繁扶。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android