コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古谷蒼韻 ふるたに そういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古谷蒼韻 ふるたに-そういん

1924- 昭和後期-平成時代の書家。
大正13年3月3日生まれ。村上三島(さんとう)に師事。日展で昭和36年特選,56年内閣総理大臣賞。60年「万葉・秋雑歌」で芸術院賞。日展常務理事,日本書芸院常務理事,京都書道作家協会会長などをつとめる。蒼遼会を主宰。平成18年芸術院会員。22年文化功労者。京都出身。京都師範卒。本名は繁扶。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古谷蒼韻の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎実験映画ビダールビッチ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古谷蒼韻の関連情報