コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古逸叢書 こいつそうしょ Gǔ yì cóng shū

1件 の用語解説(古逸叢書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こいつそうしょ【古逸叢書 Gǔ yì cóng shū】

中国,清の光緒年間(1875‐1908),黎庶昌(れいしよしよう)(1837‐97)が編集した叢書。中国本土で早く滅び,日本にだけのこっていたものを集めた。いずれも黎庶昌が外交官として日本に在勤中に収集し,それを随員であった楊守敬が校正して,日本で原形そのままに復刻して刊行した。首尾完全な書物もあり,一部分だけしかのこっていないいわゆる〈残本〉もあるが,総計26種。《文館詞林》《太平寰宇記(たいへいかんうき)》《原本玉篇》等はいずれも残本であり,それでも復刻することが必要であっただけ貴重なものであったといえるが,少なくとも1種,日本人の偽造者による〈唐写本〉が,それと悟られずに復刻されたという話もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の古逸叢書の言及

【日本訪書志】より

…清末に黎庶昌(れいしよしよう)が外交官として日本に駐在したとき,中国ですでに滅び日本にだけ伝えられるようになったものを含め,多くの書物を探訪購入し,のち中国に持ち帰った。とくにその精華をえらび《古逸叢書》に編修し日本で復刻したが,校勘の作業を含めその実務はすべて随員であった楊守敬の担当であった。この書物は《古逸叢書》に収められたものをはじめ,日本で触目し得た古書の全記録である。…

※「古逸叢書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古逸叢書の関連キーワード王冶梅王椒畦光緒帝西太后東華録北海道新幹線徳宗百子全書戊戌の政変

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone