コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平寰宇記 たいへいかんうき Tai-ping huanyu-ji; T`ai-p`ing huan-yü-chi

3件 の用語解説(太平寰宇記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平寰宇記
たいへいかんうき
Tai-ping huanyu-ji; T`ai-p`ing huan-yü-chi

中国,北宋の楽史の撰した地理書。 200巻。目録2巻。宋の太宗 (在位 976~997) のとき,北漢を平定して初めて天下統一ができたので,その領域および四夷について述べたもの。各州,県の沿革,産物,山川などが記述されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいかんうき【太平寰宇記 Tài píng huán yǔ jì】

中国の宋代の地理書。楽史(がくし)(930‐1007)の著。本文200巻と目録2巻から成る。中国では早くから8巻分が欠けていたが,日本残存の宋刊本によって,その中の5巻余を補うことができる。宋が天下を統一した979年(太平興国4)を基準として,中国内地のほか周辺の異民族地域の歴史地理を記述する。今日ではなくなった南北朝から唐代の地理書を多く引用し,人物の略伝や名所旧跡の詩を採録しているのが特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいへいかんうき【太平寰宇記】

中国、宋代の地理書。楽史著。二〇〇巻。八巻分を欠く。宋の統一後の中国の地理や歴史を、南北朝以来の地理書を引用しつつ記述する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太平寰宇記の関連キーワード西使記島夷誌略解試西遊録宋詞大学士満洲源流考輿地誌略中国・宋代の禅の公案集地方志

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone