コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平寰宇記 たいへいかんうきTai-ping huanyu-ji; T`ai-p`ing huan-yü-chi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平寰宇記
たいへいかんうき
Tai-ping huanyu-ji; T`ai-p`ing huan-yü-chi

中国,北宋楽史の撰した地理書。 200巻。目録2巻。太宗 (在位 976~997) のとき,北漢を平定して初めて天下統一ができたので,その領域および四夷について述べたもの。各州,県の沿革産物山川などが記述されている。なお,前代の地誌その他の記事が引用されている点でも重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいかんうき【太平寰宇記 Tài píng huán yǔ jì】

中国の宋代の地理書。楽史(がくし)(930‐1007)の著。本文200巻と目録2巻から成る。中国では早くから8巻分が欠けていたが,日本残存の宋刊本によって,その中の5巻余を補うことができる。宋が天下を統一した979年(太平興国4)を基準として,中国内地のほか周辺の異民族地域の歴史地理を記述する。今日ではなくなった南北朝から唐代の地理書を多く引用し,人物の略伝や名所旧跡の詩を採録しているのが特徴である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいへいかんうき【太平寰宇記】

中国、宋代の地理書。楽史著。二〇〇巻。八巻分を欠く。宋の統一後の中国の地理や歴史を、南北朝以来の地理書を引用しつつ記述する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

太平寰宇記の関連キーワード古逸叢書