コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黎庶昌 れいしょしょうLi Shu-chang

2件 の用語解説(黎庶昌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黎庶昌
れいしょしょう
Li Shu-chang

[生]道光17(1837)
[没]光緒23(1897)
中国,清末の外交官,文学者。貴州省遵義県の人。ヨーロッパ各国に書記官として勤務,光緒7 (1881) 年からは駐日公使として活躍。曾国藩の幕下にあって,桐城派を重んじ,呉汝綸らとともに古文家として知られたが,「洋務」を論じたり,外国の風物を描いた散文にはその範疇を脱したものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れいしょしょう【黎庶昌 Lí Shù chāng】

1837‐97
中国,清代の官吏,外交官。字は蒓斎(じゆんさい)。貴州省遵義の人。鄭珍について学んだが,同治(1862‐74)の初め詔に応じ,時の政治を論ずる書をたてまつって認められた。のち曾国藩の属僚となり,〈曾門四弟子〉の一人に数えられた。イギリスフランスドイツ,日本などに駐在し,さらに出使日本大臣にもなった。その在任中《古逸叢書》を刊行する。官は1891年川東道に除せられるまでになり,地方官としての人望もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の黎庶昌の言及

【古逸叢書】より

…中国,清の光緒年間(1875‐1908),黎庶昌(れいしよしよう)(1837‐97)が編集した叢書。中国本土で早く滅び,日本にだけのこっていたものを集めた。…

【古文辞類纂】より

…しかし,明代以前の作品の選択はほぼ妥当である。さらに1882年(光緒8)には王先謙編の《続古文辞類纂》,89年には黎庶昌(れいしよしよう)編の続選が出版された。漢文の入門書としては,収録作品のもっとも多い本格的なものである。…

【日本訪書志】より

…30巻。清末に黎庶昌(れいしよしよう)が外交官として日本に駐在したとき,中国ですでに滅び日本にだけ伝えられるようになったものを含め,多くの書物を探訪購入し,のち中国に持ち帰った。とくにその精華をえらび《古逸叢書》に編修し日本で復刻したが,校勘の作業を含めその実務はすべて随員であった楊守敬の担当であった。…

※「黎庶昌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

黎庶昌の関連キーワードマン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱辞典スタング(父子)常磐津文字太夫

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone