コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古鷹山(読み)ふるたかやま

世界大百科事典 第2版の解説

ふるたかやま【古鷹山】

広島県安芸郡江田島町の中央部にそびえる標高376mの山。南麓に第2次大戦終結時まで海軍兵学校があり,現在,その施設は海上自衛隊幹部候補生学校,第1術科学校として使われている。風化にもろい粗粒の黒雲母花コウ岩からなり,崩壊しやすい急峻な地形である。1978年6月大規模林野火災によって全山が焼け,梅雨期を迎えて土石流の二次災害が危ぶまれた。防災と景観の両方から復旧を急ぎ,環境保全に多くの論議を呼んだ。【藤原 健蔵】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の古鷹山の言及

【江田島】より

…面積30km2。古鷹(ふるたか)山(376m)をはじめ大部分が花コウ岩からなる山地で,海岸の平地はごく狭い。一島で安芸郡江田島町を構成し,人口1万4130(1995)。…

※「古鷹山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android