コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可変課徴金 かへんかちょうきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可変課徴金
かへんかちょうきん

輸入品について輸入業者から一定の金額を徴収して,競合する国内産業を保護する輸入課徴金の一種。輸入課徴金には,大別して徴収金額または率を一定にした固定課徴金と,一定の基準価格を設け,輸入価格との差額を徴収する変動課徴金とがあるが,可変課徴金は変動課徴金の一つである。 EU (ヨーロッパ連合) が導入しており,外国農産物価格が域内農産物価格より低価格である場合に,その輸入に際して基準価格との差額を徴収する。徴収率は毎月または毎週変更される。ガット上は合法であるが,アメリカなどでは,輸入制限的であり,国際競争を阻害するものとして,見直しを要求している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android