コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸入課徴金(読み)ユニュウカチョウキン

大辞林 第三版の解説

ゆにゅうかちょうきん【輸入課徴金】

輸入品に対して特定の政策目的のために課される特別の関税や付加税。一種の輸入制限となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輸入課徴金
ゆにゅうかちょうきん
import surchargeimport surtax

通常の輸入税に追加して、特別徴収する付加関税。通常、国際収支の慢性赤字に悩む国が、ことに極端な輸入の急増に対処するために、一時的にとる輸入制限策。近年の典型的な例は、いわゆるニクソン・ショックといわれた、1971年(昭和46)6月の急増する日本製品に対するアメリカの10%の輸入課徴金の賦課であったが、その年の12月の多国間通貨調整(スミソニアン協定)の成立により事実上解消された。[鳥谷剛三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android