コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルグアイ・ラウンド農業交渉 ウルグアイラウンドのうぎょうこうしょうUruguay Round Negotiation of Agriculture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルグアイ・ラウンド農業交渉
ウルグアイラウンドのうぎょうこうしょう
Uruguay Round Negotiation of Agriculture

1986年9月に南米ウルグアイで開催された関税貿易一般協定 (ガット) 閣僚会議で交渉開始を宣言した多角的貿易交渉 15分野の一つ。 93年 12月に一括して交渉が終了した。これまでのガット交渉では農業分野は除外されていたが,世界的な農産物の構造的過剰を背景に,補助金付き輸出の増大などで輸出競争が激化,世界の農産物市場が混乱したため,今回の交渉に新たに加えられた。 91年 12月にドンケル事務局長が包括的関税化を柱とする最終合意案を提示,日本の米の関税化6年間猶予など若干の修正後,合意した。おもな合意内容は (1) 農産物は原則として関税化する,(2) 関税を平均 36%,最低でも 15%引下げる,(3) 国内支持,国境措置,輸出競争の3分野にわたり保護水準を引下げる,(4) 輸出補助金は金額で 36%,対象数量で 21%削減する,(5) 実施期間は 95年から 2000年までの6年間,などである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウルグアイ・ラウンド農業交渉の関連キーワード非貿易的関心事項ジョン ガマー

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android