可感界図示(読み)かかんかいずし(英語表記)Orbis sensualium pictus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可感界図示
かかんかいずし
Orbis sensualium pictus

J.コメニウスが 1658年に著わした絵入り教科書。本来はギムナジウム下級用の語学教科書の副読本として編集されたものであるが,実用的,百科全書的知識の習得にも有効であった。彼の感覚的実学主義の教育理論を具現したもので,2世紀にわたって世界各国語に訳されて広く用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android