コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可逆機関 カギャクキカン

百科事典マイペディアの解説

可逆機関【かぎゃくきかん】

各過程がすべて可逆的(可逆変化)である熱機関。たとえばカルノーサイクルを行う機関。温度のきまった二つの熱源の間で働く熱機関のうち可逆機関が熱効率最大で,可逆機関どうしの熱効率は等しい(カルノーの定理)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かぎゃくきかん【可逆機関】

理想的なカルノー-サイクルのように、可逆サイクルを行う機関。現実に存在しないが、物理学、特に熱力学の理論上、思考実験として扱われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

可逆機関の関連キーワード絶対温度カルノーサイクル物理学熱力学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android