コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可部安都志 かべ あつし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

可部安都志 かべ-あつし

1806-1873 江戸後期-明治時代の医師,国学者。
文化3年4月29日生まれ。可部赤邇(あかに)の父。大橋仰軒らに医を,のち山口西園に漢学をまなび,平田篤胤の門で国学をおさめる。嘉永(かえい)4年石見(いわみ)(島根県)津和野藩校養老館でおしえ,本道医師兼外科の免鑑をうけた。明治6年5月8日死去。68歳。通称は純庵,愛平。号は都留廼舎。著作に「美特理能小草」「医道源流」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

可部安都志の関連キーワード明治時代国学者

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android