コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台城里古墳群 だいじょうりこふんぐんT‘aesongni‐kobungun

1件 の用語解説(台城里古墳群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいじょうりこふんぐん【台城里古墳群 T‘aesongni‐kobungun】

朝鮮民主主義人民共和国,平安南道大安市台城里にある,無文土器(青銅器)時代から三国時代高句麗にかけて営造された古墳群。1957年に発掘調査された。まず無文土器時代では,箱式石棺墓2基,支石墓10基余りと,竪穴式住居跡1基が知られる。この付近の有力階層が支石墓など比較的顕著な墳墓を営んだものであろう。次いで原三国時代では,土壙墓12基,甕棺墓5基,木槨墓1基,塼室墓1基が調査された。築造年代は,およそ前1世紀後半から後1世紀後半以降にわたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone